smpl

【第1回】Gt&Vo ハヤシコウスケ

2017/03/02
はじめましてー!シナリオアートのギターボーカルのハヤシコウスケです。

この度、イシバシ楽器のサイトでコラムを書かせていただくことになりました。

アリガトーゴザイマス!!

知らない人も多いと思いますので、ざっくり自己紹介をさせていただきますとシナリオアートはギターボーカル、ベース、ドラムボーカルで構成された男女ツインボーカル3人組バンドです。


特徴は?と聞かれますと

ドラムが女性で叩きながら歌っている事だとか、物語性の強い楽曲だとか、まあ色々いわれますが、百聞は一見にしかず ということでYouTubeを貼っておきます。


ナナヒツジ




シニカルデトックス





アオイコドク





という感じです。


別形態でライブすることがあるのですが、その時はシンセサイザーやドラムマシーンなどを駆使して歌ってます。

また、各メンバー作曲の時はパソコンを使用していますのでインターフェースやプリアンプなど制作機材のこともいろいろと紹介できたらな〜と思っております

お楽しみにー!!

さて初回なのですが、まず基本的なところから紹介していきたいと思います。


今使っているギター「ジャズマスター」についてです。


最初に買ったギターはストラトキャスターでした。当時は音作りがわからなかったのでアンプのトレブルをフルテンにした音が好きだった。

高い音がキラキラしていて気持ちよかったような気がする。

バンドでそんな音出したら、しゃーしゃーなっているだけでいっさい前には出ないのだけれども。

そのあとSGやレスポール、ES335っぽい箱ものギターなどいろいろ使用するなかでもっと煌びやかな音を出したいな〜とおもいながら、ギターを探していた

「そういえば!!」って感じで友人がジャズマスターを使っていたのを思い出して、「ジャズマスターどう?」って聞いたら「いいギターよ!使ってないけど」って言うので、「じゃーくれ!」って言って譲り受けたのがジャズマスターとの出会い。


それが

「Fender USA American Vintage ’62 Jazzmaster」

音も想像通りでトレブルよりも高いプレゼンスが前にでるイメージでいい感じにキンキンしていて、弾いていて気持ちよかった。

1950年代当時、フェンダーのギターはジャズプレイヤーに全然受け入れられず。

ギブソンが一人勝ち。ふぬぬぬううううってなってフェンダーが対抗しようとして作ったのが「 jazzmaster 」

1958年高級機、またジャズ専用機として発表されたんやけど、ジャズの人がぜーんぜんだれも使ってくれなくて結局サーフミュージックのひとたちや グランジやポストロックの人たちに愛されて人気になったらしい。

自分もジャズの人じゃないんやけれども。

作り手の思惑と受け手がリンクしないのは、音楽ぽくていいなぁと思う

もともと激しく弾きちぎる設計じゃないから、ストロークする場所にスイッチがついていて切り替わってめんどくさいとか、すぐに弦落ち(弦がブリッジから外れる)などいろいろと面倒くさかったりするのやけど、その面倒も愛せるくらいに音が素敵。

文字で表すと「ジョリーーイイン。ぶおおおお キランキラン☆」ってかんじ。高い音も奇麗やけど、しっかりローが出て3人バンドでも音が薄くなりにくい。

ずっとそれを使っているうちに、ビンテージのジャズマスターに興味を引かれ次に購入したのが

「Fender USA jazz master 63」




ビンデージのジャズマスターをたくさん試奏して、どれも現行品よりローが気持ちよく出てくれる印象があった。

高い煌びやかな音はどれも出るけど、ローの出音は個体差があった。



最終的に59年のビンテージと迷ったけど、63年の方がなんかしっくりきた。

最終的にはフィーリング。

はじめに所有した2000年代のジャズマスターと2本を引き比べるけど、やっぱり全然違う。

どちらもとても好きなんだけど。

ボディーの鳴りが深くてローの出方が深い感じ。

60年ちかく前に作られたギターの貫禄みたいなものが音になっている。



ブリッジは錆び錆びなのやけど、長年響かせてきたものなのでギターと共鳴しているというか試しにきれいな現行品のブリッジを付け替えると、全然音が変わったりする。

ボロボロやけどアイツじゃないとあかんのや!ってボディーが言っているみたい。

しかしライブで使用すると、弦落ちして大変なので今は引き離していますが、レコーディングなどではオリジナルに戻しています。



あと個人的にジャズマスターの好きなところは、「バズ音」なのです

強く弾けば弾くほど、ブリッジらへんが暴れだして「ぶーーーん」低いノイズ音と「キュアーーーン」ていう高い方の共鳴が出るのですがライブなどで感情が暴れだすとき、感情に直結するようにこのバズ音も暴れてくれます。


ジャズマスター大好き。





たまたまなのだが、今使っているビンテージの「ジャズマスター」はイシバシ楽器で購入しました。

その節はアリガトございます!!

気になった方いたらぜひ試奏してみてね。

シナリオアートは3月8日に新しいアルバム「FactionWrold」を発売します。

ほぼジャズマスターで録音しています。是非きいてみてください。

シナリオアート 

2ndフルアルバム「Faction World」

2017年3月8日(水)リリース




【初回生産限定盤(CD+DVD)】

KSCL-2853~4 ¥3,700+税

【通常盤(CD)】

KSCL-2855 ¥2,913+税

【CD】

1.ジャーニー / 2.サンライトハーモニー / 3.パペットダンス / 4.ジンギスカンフー / 5.ビュー ティフルパーティー / 6.コールドプラネット / 7.フランキーファンキー / 8.イージーオーマツリ / 9.ナナヒツジ(Album Mix)/ 10.ラブマゲドン / 11.エポックパレード

【DVD】(初回生産限定盤Disc 2)

◆ワンマンツアー2016 [Scene #2] -シンカイヘ- @EX THEATER ROPPONGI (2016.07.14)

1. シニカルデトックス / 2. ナナヒツジ / 3. ナイトフライング / 4. カオティックダウナー / 5. トウキョウメランコリー / 6. ホワイトレインコートマン / 7. エポックパレード

予約→ [タワレコオンライン] [amazon]

■ シナリオアート ワンマンツアー2017 [Scene #3]-World Journey-

筆者紹介

シナリオアート
(OFFICIAL SITE

ハヤシコウスケ : Guitar / Vocal / Programming
ハットリクミコ : Drum / Vocal
ヤマシタタカヒサ : Bass / Chorus
(L→R)
関西出身、男女ツインボーカル3ピースバンド。
ロック、エレクトロニカ、シューゲイズをポップで包むドラマティックミュージック。

category

リリース情報

シナリオアート ワンマンツアー2017 [Scene #3]-World Journey-

関連リンク